トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


自然に禁煙できる法

営業という仕事がら、お客様の前でたばこを吸うことができないために、禁煙を試みていますが、失敗の連続です。自然に禁煙できる方法はありますか。
(名古屋市・45歳の男性)

答える人:栄内科 院長 山田琢之
「喫煙は病気ではないが、ニコチン依存は既に病気」ということを自覚してほしいと思います。したくても禁煙できないのは、「意志が弱いから」ではなく、「ニコチン依存からの離脱症状がつらいから、やめることができない」というのが一般的な考えになっています。
たばこをやめるには、ニコチン置換療法(NRT)という治療が必要ということです。
このニコチン置換療法とは、いわゆる禁煙補助剤を使って行われる方法で、禁煙補助剤としてはニコチンパッチや禁煙ガムなどがよく知られています。
このほかでは、ニコチンの鼻吸入、口吸入、グミや舌下錠なども開発され、長所短所が検討されています。 わが国ではニコチンパッチと禁煙ガムを販売しているメーカーが違うため、単独で用いられることが多いようですが、欧米では併用療法が一般的で、禁煙成功率も高いようです。 なお、禁煙ガムやニコチンパッチは、9月10日より医師の処方箋なしで薬局で購入することができるようになりました。 ニコチン置換療法は予防医学の位置づけになるので、健康保険は適用されず、全額自己負担になりますが、その後のたばこへの支出がなくなり、健康を手に入れることができることを考えれば安いものだと思います。