トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


歯周病で入れ歯、使い勝手悪いが…

半年ほど前に、右下奥の三本の歯を歯周病で抜いて、取り外しの入れ歯を入れました。しかし、発音がしにくく異物感がひどく使っていません。このまま放置しておいてよいでしょうか。また、入れ歯以外に何か方法はありませんか。(名古屋市・主婦 56歳)

答える人:第一歯科医院 前院長 高木輝秋
推察しますと、歯周病で歯を抜いたとのことですが、他の歯も多かれ少なかれ歯周病にかかっていると思われます。まず、これ以上歯をなくさないようにするために徹底してブラッシングを行い、歯石除去などの処置を定期的に受け、口の中を清潔に保つようにして下さい。
 抜いたまま放置しておくと、かみ合わせのバランスが狂って、あごの関節に変調をきたしたり、さらにひどい場合には、肩凝りの原因になったりすることがあります。
 また、左の歯ばかりに負担がかかり、その部分の歯周病を進行させることもあります。入れ歯は当初は大変苦になりますが、だんだん慣れてきます。痛いところがあれば歯科医院で調整してもらい、入れるよう努力して下さい。
 他の方法としてインプラントがあります。これは主にチタンでできた人工の歯根をあごの骨の中に植え込み、その上に冠をかぶせる方法です。これは骨の状態がよくないとできませんし、ケアがしっかりできない人にはお勧めできません。十分な診断、説明を受けてから判断して下さい。