トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


突然起きる動悸

中学二年のころから、年に2,3回突然動悸が起きます。2,30分で治まる時もあれば、数時間続く時もあります。会社の健康診断では心電図も含めて異常はないと言われました。(名古屋市 44歳・女性)

答える人:吉田内科 院長 吉田慎二
妊発作性上室性頻拍(ひんぱく)が疑われるので、それについて述べます。
この病気は特に誘因もなく、突然脈が早く打ち出すことから始まり、また突然に治まるのが特徴です。発作中には、心臓は毎分140から220の頻度で、規則的に動きます。
発作の持続時間は数秒から、数時間までと幅広く、頻度も数か月に一回の場合から、数時間までとまちまちです。 ご相談の方は健康診断で、心電図に異常がなかったとのことですが、結局発作時に受診され、心電図から、発作性上室性頻拍の診断が確定しました。 現在、予防的に薬を内服され、経過は良好です。
一般的に、発作に対しては薬物療法が有効です。他には迷走神経を機械的に刺激する方法があります。その中には、自分でも行えるような手技がありますが、それについては主治医とよく相談して下さい。 発作がたびたび起こったり、また、薬が効きにくい方では、最近高周波カテーテルアブレーションという治療が行われるようになりました。 これは電気で、心臓の筋肉の一部を焼いて根本的に治療する方法です。 まずは、診断を確定し、その人に合った治療を受けられることが大切です。