トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


子どもにもかかりつけ医を!

答える人:セントラル小児科 院長 森孝生
子どもさんが何かあって病院にかからなければならなくなった時、大人の場合まず内科を受診したほうがいいように、子どもさんを小児科医に連れていかれることをお薦めします。子どものヘルスケアの大部分はプライマリケアが占めます。専門の開業小児科医はプライマリケア医であり、また、あらゆる病気に対して自分のところで治療すべきか専門医に紹介した方がいいかを判断します。それだけでなく大人にない「成長」という子どもの特性をふまえて、成長発達や病気を“点”でなく“線”や“画”でみてくれる医者であり、“子どもの健康よろず相談屋”であるからです。これが小児科医なのです。鼻水だけでもまず小児科を受診しましょう。風邪の診断でも子どもさん全体を見て診察しているのです。同じ小児科医に続けてみてもらうことが大切なのです。さあ、あなたの子どもさんにも“小児科のかかりつけ医”を持ちましょう。