トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


顔の黒っぽい隆起

数年前から、顔に少し隆起したシミのようなものができ、その後、段々と数も増え、色も黒っぽくなり、親指大のものもあります。痛みやかゆみはありません。
(愛知県春日井市・男性 58歳)

答える人:セントラル皮膚科 院長 坪根幹雄
脂漏(しろう)性角化症の疑いがあります。中年以降、加齢とともに出現するため、老人性疣贅(ゆうぜい)=老人性イボ とも言われますが、通常見られるイボのように、ウイルスで感染するものではありません。
顔、頭、体幹に多発することが多く、正常な皮膚色→淡褐色→黒色になり、形も軽度隆起するものから、ドーム状のものまであります。 表面は平たん、あるいはイボ状となります。一般的には、自覚症状はありませんが、時にかゆみを伴うこともあるようです。頚部や腋窩(わきの下)に多発する小さなイボも、この脂漏性角化症のことが多いようです。
特殊な例として、短期間(数ヶ月以内)に急に多発した場合(レーザートレラ症候群)、内臓悪性腫瘍を合併していることもあるため、注意が必要です。
脂漏性角化症は本質的には良性のため、放置していてもかまいません。内服、外用薬は効きません。必要に応じて外科的に切除するか、冷凍凝固、電気焼灼すればよいでしょう。 形態はさまざまで、他の悪性病変との区別が非常に重要となります。そのため、皮膚科医による診断が望ましく、診断確定に病変の一部を採取し、顕微鏡検査をする場合があります。