トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


止めたいリウマチ痛

リウマチを発病し、痛みが強く、体も思うように動かせません。鎮痛剤を服用していますが、さっぱり効きません。ほかに痛みを止める薬はないのでしょうか。
(名古屋市 44歳・主婦)

答える人:古澤整形外科 院長 古澤久俊
リウマチの治療薬には、痛みや腫れをとる非ステロイド抗炎症剤(鎮痛剤)をはじめ、免疫力を高める抗炎症剤(鎮痛剤)をはじめ、免疫力を高める抗リウマチ薬、そして抗炎症作用の強いステロイド薬があります。
 あなたのご質問は、痛みのコントロールに属すものと思われますので前述の非ステロイド抗炎症剤が関係してくると思います。 この薬は、効き目のマイルドなもの、強いもの、長い時間効いているもの、座薬として使うものなど、いろいろな種類があり、自分の症状に合ったものを処方してもらうことが、なにより必要と思います。
 最近では、できるだけ早い時期に、リウマチの活動性を抑えることが期待される薬を、副作用をしっかりチェックしながら使っていくという方法になりつつあります。 つまり、抗リウマチ薬やステロイドを、かなり早くから使っていく、というように変わりつつあります。
実際、リウマチの勢いが発病の初期に強いことが多いことも、この背景にあります。「ステロイドは怖い薬」と言われていますが、最近では、少量でも、抗リウマチ作用のある可能性が指摘されています。 早期のリウマチに対して、ステロイド剤の適応は拡大しつつある、と考える専門家も増えていますので、主治医と相談して下さい。