トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


足指つけ根に激痛

二日前、突然、足の親指のつけ根に違和感を覚え、最初は捻挫でもしたのかと思っているうちに、猛烈に痛みだしました。市販の湿布をしても治りません。
(名古屋市・会社員 48歳)

答える人:古澤整形外科 院長 古澤久俊
診察したところ、足の親指は紫色の跡が残り、皮が一枚むけていました。これは痛風発作と言われるもので、急性の関節炎が起きたためです。
痛風とは、簡単に言うと、体内に尿酸という物質がたまり過ぎる病気で、成人男性の1%から2%が痛風といわれています。 このような激痛発作時は、ちょっと風が吹くだけでも耐えられないほどの痛みを覚え、湿布では効果は少なく、鎮痛剤(非ステロイド系抗炎症剤)を多めに数回、使用することが必要となります。
この際、胃腸障害の副作用に注意しなければなりません。 いったん発作が治まったら、原因である尿酸のコントロール剤を飲み、治療を始めます。
現在、尿酸のコントロールは薬で容易になってきましたが、だからといって、薬さえ飲んでいればよいというわけではありません。 動物性たんぱく質などのカロリーの多い食品の取り過ぎやアルコールの飲みすぎによる肥満が、尿酸の排泄を悪くすることなどが原因として考えられます。しかし、厳しい食事制限は精神的苦痛も大きいため、毎日の食事の栄養バランスを重視することが大切と言えるでしょう。