トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


美白の歯

答える人:第一歯科医院 前院長 高木輝秋
以前「芸能人は歯が命」とテレビコマーシャルが放映されて、歯を白くするとの歯磨きペーストが非常に売れた事がありました。中国の古い有名な詩の中に「明眸皓歯」(めいぼうこうし)との言葉があります。これは美人のことを言い、澄んだ瞳と真っ白な歯を持っている女性のことです。
喫煙、コーヒー、コーラなどで歯に着色しますが、表面的な汚れは研磨することで簡単にきれいになります。 歯は少しずつ年と共に黄色みを増してきます。又、虫歯などで歯の神経を取った歯は変色します。この場合はいくら研磨をしてもだめで、漂白による方法をとります。 高濃度の過酸化水素水(オキシフルの濃度の高い薬品)を歯の表面に塗り、これに光線を当て反応を促進させて白くする方法(これを3〜4回繰り返す)があります。
しかし、強度な変色や胎児の頃、母親がテトラサイクリン系の薬を服用した場合、歯の内部から黒ずんできます。このような場合は歯の表面を一層削り(約1ミリ程度)型を取り、そこに薄い陶器の箔を作り、歯の表面に張りつけて内部の色を遮断し自然な白い歯にする方法があります。