トップページ SL医療グループとは 診療科目のご案内 相談・医療内容から探す フロアのご案内 インフォメーション SL医療グループニュース MAP・近隣駐車場


慢性肝炎とは

慢性肝炎とは?

答える人:おおの内科 院長 大野秀樹
 我が国のB型・C型慢性肝炎患者および持続感染者は、300万人以上いると推定されています。
 慢性肝炎は、臨床的には6か月以上の肝機能異常とウイルス感染が持続している病態を指します。慢性肝炎が長期間持続すると、肝硬変への進展、肝細胞癌の発生リスクが高くなります。
 我が国では毎年約3万5千人が肝細胞癌で亡くなっています。その約75%がC型肝炎ウイルス(HCV)、約15%がB型肝炎ウイルス(HBV)感染によるものです。
 慢性肝炎の治療薬には、肝炎ウイルスに対して直接作用するインターフェロン(IFN)製剤、抗肝炎ウイルス薬と、肝細胞の保護に働く肝庇護薬、肝不全用の栄養製剤などがあります。IFN製剤はすべて注射剤です。
 最近、経口内服薬の抗肝炎ウイルス薬が次々と開発され、飲み薬のみによる慢性肝炎の治療が可能になってきました。